真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【感想】鹿島アントラーズ久しぶりの勝利

勝利後の気分は最高だ

今シーズンに入ってから勝利に見放される試合ばかりだった。勝利どころか引き分けさえ許されず、全て敗北である。ACLプレーオフからつまづき、そこからまさかの6連敗。クラブとしても辛かったであろう。サポーターとしても苦しい時期が続いた。しかし止まない雨はない。ついにその時がきたのである。J1リーグ第5節「鹿島アントラーズ VS 横浜F・マリノス」。ホームである県立カシマサッカースタジアムで、横浜F・マリノスを迎え撃つことに成功した。


まずは今シーズン最初となるゴールを決めたのは、鹿島アントラーズのFW上田綺世。このゴールは今シーズンから加入したFWエヴェラウドが左サイドを突破したことで生まれたゴールだった。エヴェラウドのセンタリングは横浜F・マリノスファーサイドに送り込まれ、CB2枚の頭上を超えたところにいた上田へ。上田がトラップした後に振り抜いたボレーシュートはきれいにゴールに吸い込まれた。その後、マリノスに追いつかれるが鹿島アントラーズは落ち着いていた。前半は1−1のまま折り返しに。横浜F・マリノスを突き放すゴールを決めたのは、またもや上田綺世だった。右サイドを駆け上がった鹿島アントラーズに今季から加入した右SBの広瀬陸斗のグラウンダーのセンタリングに、上田が合わせたゴールだ。相手のCBもGKも動けない位置に出されたボールはまさに絶妙。広瀬の素晴らしいプレーだった。


鹿島はここでは終わらない。鹿島アントラーズに今季から加入したファン・アラーノのパスをエヴェラウドが蹴り込み点差を広げる。その後、反撃にあって点差が縮まってしまうが、鹿島アントラーズのMF白崎凌兵の芸術的ループで再び点差を広げて試合終了。
4−2で鹿島アントラーズ今シーズン初の白星を手に入れた。


本当に長かった。おそらく、他のサポーターもそう思ってることだろう。
だが、ついに雨が止んだのだ。ここから今までの鬱憤を晴らすような活躍を期待したい。

気になったこともある

Twitteで気になるつぶやきがあったのだけど、三竿健斗と監督が言い争ったって?
試合中に衝突はあったかもしれないけれど、お互いプロだし後々ひきづらないようにしてほしい。おそらく試合中監督の要求と、三竿の狙いがマッチしてなかったがためにそういうことになったんじゃないかなと思っているのだけど。
監督と選手の意見のすり合わせをしっかりやって、いい流れを壊さないようにして欲しいと思う。


次の試合は水曜日。すぐ試合がやってくる。選手たちは休む暇もないだろうけど、怪我には気をつけて欲しい。
チームとして最大限の力を出すには、クラブに所属するひとりひとりの力が必要だ。これだけ試合のスパンが短ければ尚更である。誰が出ても鹿島は鹿島。いつ出番が来ても実力が発揮できるような選手でいてほしい。

J1が7/4に再開!私の応援しているチームは…

どうも。こーへーです。 お題「#応援しているチーム」 というところで、久しぶりにブログを書きます。

J1が再開7/4に再開

新型コロナウィルスの影響で、Jリーグ全体が中断となっていましたが7/4から再開しました。長期間の中断となっていたため、これまでとは違ったルールで運営されていくことになりました。これまでに見たことない事態なので、これから先、Jリーグ全体でぶちあたる壁みたいなものがあるかもしれませんが、そこは柔軟に対応して頂き、選手やクラブのストレスがあまりかからない運営をして頂けたらなと思います。
しかし、ようやくサッカーがある生活が戻ってきました。そこは素直にうれしいです。7/10までは無観客での試合、7/10以降は少しずつ観客を入れて試合をするということになります。観客少ない=チケット代が入らないので、売り上げは例年よりも格段に下がるでしょう。ここは各クラブの知恵が試される試練だと思います。何とか乗り越えてほしい。そしてこのコロナが過ぎ去った後、みんなで盛り上がれる日がきたらとてもうれしいです。

応援しているチーム

私が応援しているのはJ1にあるチーム「鹿島アントラーズ」です。理由は単純で、自分の生まれ故郷が茨城県でした。そこにプロのチームができたのです。そのとき私は小学生。今ほどサッカーのことはテレビで取り上げられません。選手のことはだれ一人知りませんでした。そう、あの神様ジーコのことさえも…。ジーコをはじめとした選手たちのことは当時同じサッカー少年団に所属していたコーチや同級生から聞いたと思います。ただ、鹿島アントラーズを応援するのは選手が好きだから、ジーコがいるからが理由ではありませんでした。私にとって鹿島は地元茨城県の自慢となるクラブで、それが一番の理由でした。選手の名前はわからなくとも、鹿島が勝てば嬉しいし、負ければ悔しい。初めて試合を見に行った時は感動しました。生のジーコアルシンド…。当時はものすごく人気があってチケットを取るのが大変だと子供ながらに分かっていたので、連れて行ってくれた父に感謝です。

現状の鹿島

ついでに、今現在の鹿島アントラーズについて本音を書きたいと思います。
昨年のJ1で、鹿島アントラーズは優勝できる可能性があったにも関わらず、3位という成績で終わりました。
鹿島はどちらかというと、カウンター主体のサッカーでした。今、サッカーのトレンドは欧州です。であれば、ヨーロッパのサッカーを取り入れるべきでは?と素人ながらに思ったものです。それがかなったのか、2020年の鹿島の監督にはザーゴが来てくれました。ザーゴは鹿島の選手たちに方針を打ち出します。「自分たちでアクションを起こすサッカー」を。
しかし、それは私たちが思うよりも厳しいものなのでしょう。今までのサッカーからガラリと変わるわけですから。求められる動き方、考え方が違うのです。準備期間、中断期間があったとはいえ、それでも厳しいものなのでしょう。それがもろに成績に出ています。
ACLプレーオフで敗れ、ルヴァンで敗れ、J1が始まって3節まで全敗。公式戦5連敗です。
もしかしたら「それはザーゴが悪い」「今の戦術ではだめなんじゃないの」「〇〇選手が悪い」など不満を持っている方も中に入るかもしれません。そしてその気持ちはわかります。結果が出ていないのですから。
今までのサッカーをやめて、世界と戦えるサッカーをしようとしてくれているザーゴ。そしてそれを体現しようとしてくれている選手たち。今は耐えるときだと考えています。
ただ、残念ながらJ1 第3節の札幌戦は、川崎とやって負けたものの「次はいける」という高揚とした感情がまったくありませんでした。選手たちの動きが悪く見えたのです。集中力に欠けていたのかもしれません。
負けた原因はいろいろな要因があるかもしれませんが、まず「相手を舐めてる」「集中力を欠いた状態」であれば勝てるものも勝てません。まずは冷静に自分たちの足元を見て、何をすべきかはっきりさせたうえで試合にのぞんでほしいと思います。

本来、熱いサッカーをしてくれるチームなのです。
タイトルを獲り続けるチームだと思っているんです。
まずは気持ちに負けるな!選手もサポーターも!

次はJ1 第4節 アウェイで浦和レッズとの試合になります。好調な攻撃陣を抱える浦和レッズをどう倒すのか楽しみにしています。

追記

スターありがとうございます。励みになります。

家にいるときにできること

お題「#おうち時間

こんにちは。こんばんは。id:cohey_cap です。
あなたの「おうち時間」教えて!ということで、少し書いていきたいと思います。

増加した家にいる時間

毎日のように報道される新コロナに関する報道。「今日は何人感染者が出た」のニュースが流れるたび、新コロナによる肺炎の恐ろしさを感じています。「感染しないように」はもちろんのこと、「人に感染させないようにする」と2つの理由で政府は外出を自粛するよう呼び掛けています。それでも外出する人はいるらしく、その様子を見るたび残念に思います。本人はどう思っているかわかりませんが、周りの人たちはきっと迷惑に思っていることでしょう。


話がそれました。


国の外出自粛の要請もあり、外出は極端にしなくなりました。仕事もテレワークになったことで、ただでさえ運動量が少ないのにさらに減ったのです。テレワーク初日の話です。テレワークになったら自分はどれくらい動くのだろうと気になったので、その歩数をカウントしました。そしたら何歩だったと思います?答えは約1000歩です。圧倒的な運動不足です。趣味でやっていたジョギングもしないほうがいいのかな?と思い、走るのをやめました。1週間に1度のフットサルは新コロナの影響で当面中止になり、家にいる時間が増え、運動量が極端に減りました。テレワークを開始してから1週間たったとき、右肩上がりに増加するは私の体重!あまり家に引きこもることがなかった私にとって、これは自身の生活を見直す大きな転機になりました。

家での過ごし方「おうち時間」を考えた!


家にいる時間が増えたとき、解決しなくてはいけない問題は「運動不足の解消」、「家での楽しみ方」の2つでした。特に家での楽しみ方。休日はどこかしら外に出て遊んだり買い物したりしていましたが、それができなくなりました。それに代わる「楽しみ方=気分転換」を考える必要がありました。そこで目を付けたのは「amazon prime」と「Netflix」。もともと契約はしていたのですが、最近放置気味でした。友達にお勧めの映画やアニメなどを教えてもらい、仕事が終わった後や、休日の夜にちょくちょく映画やアニメをみるようになりました。あっというまに時間が過ぎるので、時間つぶしには最適と。
あとは、コーヒーをいれる頻度が高くなりました。豆をミルで挽き、自分でドリップするコーヒーはとてもおいしく感じます。
運動不足のほうは、筋トレをするようになりました。最近はYoutubeでおうち時間を使った筋トレを紹介してくれる動画が増えてきています。私のお気に入りは「のがちゃんねる」。わかりやすいうえに、かわいいので無駄に見てます←
www.youtube.com


そんなわけで、おうち時間は映画やアニメを見たり、筋トレしたりしてます。
新コロナの影響で生活はかなり制限されていますが、これに負けず終息するまでみんなでがんばっていきましょう!

【本の紹介】最近読んだお勧めの本

こんにちは、こんばんは。
id:cohey_cap です。


久しぶりの更新です。
日常がバタバタして更新ができませんでした…というわけではありませんが、特にブログを書こうともせず、ダラダラしてしまいました。「はてな」を開くこともしてなかったですね。パソコンを開いてやったことといえば、Pythonに特化したオンライン学習サービスのPyQを進めたくらいでしょうか。
pyq.jp
あぁ、あとはエ…(ry


ひさしぶりに「はてな」を開き、読者になっている id:qtum さんのブログをのぞいてみたら、ひさしぶりに更新されているじゃないですか!(びっくり)
そのタイトルは【本の紹介】最近読んだお勧めの本 - QurioWork 。彼は「これから何を考えてどのように生きるべきか道しるべになった」そうですよ。興味があればぜひのぞいてみてください。

最近読んだ本を紹介します!

前置きが長くなりました。qutmさんのブログを読んでてですね。思ったわけです。私も最近読んだ本を紹介しようって。ぜひ読んでほしい!って本があったもので。その本がこちら。
「ほめ言葉の力 叱っても人は動かない」 著:和田秀樹

これを読もうと思ったきっかけは単純です。「どうやったら後輩のモチベーションを上げられるか。そういうテクニックを知りたかった」からです。人を変えることはできないとはよく言いますよね。
だからまず、「自分をどう変えるべきか」考えたんです。この本は分かりやすいですね。どうすればいいかが本のタイトルになっています。そう、「ほめればいい」のです。
思い返せば、私は後輩が作った成果物に対して「ここがダメだね。こうしたほうがいいよ」、「このコードは読みにくい。直して」など、指摘指摘のオンパレードでした。ほめた記憶なんてありません。だから後輩はモチベーション上がらなかったんですね。(多分)
この本は気付きを与えてくれました。私の身の回りに「ほめない人」はいっぱいいます。だから後輩は動かない。しり込みしてしまう。新しいことに挑戦しようと思っても、叩き潰す人が出てくる。
若いうちは何やったっていいと思っていますが、それすら許さない人がいるんですね。
私はそれを変えてあげたい。責任は上の人がとればいいんですよ。…っと愚痴になってしまいました。
いずれにせよ、ほめることで人は動きます。それも軽やかに。それで仕事が回れば幸せじゃないですか。人を叱ることに慣れてしまった人にこそ読んでもらいたい本です。

仕事納め

本日は仕事納めになる企業が大半だろう。この一年お疲れ様。
振り返ってみると、総じて見れば比較的穏やかな一年だったように思う。最初の方こそ、人員の入れ替えによってドタバタする事もあったが、そのあとは平穏に作業を進めることができた。仕事自体には特に問題なかったが、自分にとって大きな成長もなかった。今になってもう少し頑張っていたら…と思う。今回の反省を活かして、来年資格取得を皮切りにステップアップしていきたい。何より金がほしいのでね…。

2019年買ってよかったものをまとめてみた。そしてその感想。

もうすぐ2019年も終わる。今年も色々あった一年だった。人との出会い、別れを繰り返してきた。会社の同期たちも次のステップへ進むために転職していった。それもいい。会社が変わったとしても、今生の別れになるわけではない。連絡はいつでもとれる。事実、仲の良かった同期とはちょくちょく連絡が取れている。問題ない。そしてこの同期たちは、僕の生活を充実させてくれた大切な要素であることは疑いようのない事実だ。この場を借りて感謝を示そう。ありがとう。そしてこの同期たちと同じくらい充実させてくれたもののひとつとして、「アイテム」がある。ここで僕が今年買ったものの中で、特によかったというものを紹介したいと思う。ではいきます。


2019年買ってよかったアイテム!

圧力鍋

動機:
底が深く、少し大きめの鍋が欲しかった。また、カレーやシチューを作る時間を短縮したかった。
よかった点:
煮込み料理がおいしく作れるようになった。お目当てのカレー、シチューを作る時間が短くなり、味も良くなった気がする。
悪かった点:
悪いとまではいわないが、圧力鍋の掃除が少し面倒。でもこれだけの手間でおいしい料理を作れるようになるのだからやはり買ってよかったと思う。


Macbook Pro

動機:
2010年に購入したMacbookProが新OSに対応しないこともあり、新調したくなった。iPadとの連携もしてみたいという欲望がでてきたため、iPad Airと共に購入した。
よかった点:
軽い、うすい、持ち運びが楽。(コンドームかよ)iPad Airとの連携が素晴らしい。Air Dropすげぇ便利…。想像以上。2010年版と比べるとすごく進化した。
悪かった点:
打鍵感があまり好きではない。ポートもUSB-TypeCのみ。だが個人的には大したことない。


iPad Air

動機:
家にあるタブレット端末(Android)が非常にもっさりしており、MacbookProを新調するタイミングでiPadに乗り換えようと思った。
よかった点:
動作がさくさく。apple Pencilで絵も描ける。買ってよかった。Androidタブレットはたぶんもう使わないと思う…。
悪かった点:
特に思い浮かばない。


低反発マットレス

動機:
すのこベッドの上に敷布団を敷いていたが、寝ころんだときにベッドの硬さが伝わるため地味に痛い。ボーナスが入ったため、このタイミングで寝具を変えようと決意した。
よかった点:
心地よい凹凸があり、寝ころんだ時の程よい硬さとも相まって気持ちいい。寝返りを打つときに、その凹凸が身体を刺激するのだが、その刺激が何とも言えない。癖になる気持ちよさだ。寝るのが楽しみになった。金をかけて良かったと思った。
悪かった点:
箱から出すのに苦労した。すのこベッドなので通気性に問題ないと思うが、カビが生えないように気を付ける必要がある。


ラグマット

動機:
リビングの床にコルクパッドを敷いていたのだが、ボロボロになってしまった。HPを眺めてると「あまりコルクパッドを敷き詰めるのはよくない」との情報が目に入ったため、ラグを買うことを決意した。
よかった点:
グレーのラグマットを購入した。ラグが床の冷たさを遮断してくれているので、居心地が良い。デザインも素敵だ。こればかりは部屋模様のセンスが問われる。(そして俺にはそのセンスがない…。残念。)
悪かった点:
特になし


ダンベ

動機:
してぇ…。筋トレしてぇ~~~ッッ
よかった点:
おもりを付け替えることで2.5kg~20kgまで調節可能な素敵な筋トレグッズ。定期的にダンベルを使って筋トレをしているが、月一ではだめだろう。来年からの課題である。(というか今日からだろ…。)
悪かった点:
おもりを付け替えるのが手間。商品的に満足はしているが、別の買えばよかったかも…と時々思ってしまう…。


バリカン

動機:
自宅でツーブロックを維持したい。
よかった点:
自宅でツーブロックを維持できるようになった。
悪かった点:
バリカンの剃りの深さを調節できるのだが、バリカン中にこいつが動くことがあった。被害は最小限に抑えられたが、それいらいバリカンを慎重に使うようになった。怖い。


財布

動機:
小銭入れが無いスマートな長財布が欲しくなった
よかった点:
小銭入れが無い、まさにスマートな長財布。カードの収納にも文句なし。色も悪くない。お金の出し入れもスマートに行えるので買ってよかった。
悪かった点:
革のにおいが気になった。あとはそれほど気にならない。


以上、2019年買ってよかったものでした。
上記のほかにもいろいろ買っていますが、これ本当に必要か?と思うのも結構あるので、2020年は余計なものを買わないようにしていきたいですね。

【PUBG MOBILE】ゲーム実況してみた

題名にもあるとおり、ゲーム実況してみた。単発で終わるか、それとも不定期で続けていくか決めていないけれども、最初の一発目を上げた。
ゲームの実況をしているYOUTUBERは数多く存在している。その中に、ついにこの俺が入った。
最初の一本目に選んだゲームはPUBG MOBILE。俺がインストールしているゲームの中で、一番実況向きだと思ったからだ。


ゲーム実況に踏み切った理由は、人にやってみてと言われたからだ。何を持ってそう言われたのか、俺も理解できていないのだが、とりあえずやってみてくれと。そのときは渋々「わかったよ」と首を立てに振ったのだが、実況中はそれなりに面白かった。秒単位で変化する状況に、言葉が追いつかないといけない。普段の生活では経験できない刺激がそこにはあった。
ただ、これはこれで大きなエネルギーが使われる。ようは疲れるのだ。
この疲れを今後克服できるかどうかはわからない。だが、新しい刺激、楽しみがそこにあるのは確かだ。気分が乗ったときに、あくまでも不定期で、やっていこうかなと思っている。



【PUBG MOBILE】戦場に降り立った田舎者 #001

PUBG mobile戦場に降り立った田舎者 #001