真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【J1】第11節を終えて【鹿島アントラーズ】

ここまでのリーグ戦での戦いを振り返る

VS 清水エスパルス(A) 0-0 引き分け (DAZN観戦)
VS ガンバ大阪(H) 1-0 勝利 (現地観戦)
VS サンフレッチェ広島(H) 0-1 敗北 (現地観戦)
VS サガン鳥栖(A) 0-1 勝利 (DAZN観戦)
VS 北海道コンサドーレ札幌(H) 0-0 引き分け (現地観戦)
VS 湘南ベルマーレ(A) 2-1 敗北 (DAZN観戦)
VS FC東京(A) 2-1 敗北 (DAZN観戦)
VS 名古屋グランパス(H) 2-0 勝利 (現地観戦)
VS 川崎フロンターレ(A) 4-1 敗北 (DAZN観戦)
VS ヴィッセル神戸(H) 1-1 引き分け (DAZN観戦)
VS 横浜Fマリノス(A) 3-0 敗北 (DAZN観戦)

ホーム戦 :5試合中 2勝1敗2分 勝率40%
アウェイ線:6試合中 1勝4敗1分 勝率17%

数字にすると悲しくなってくる

これだけは言いたい

前にいる選手たちはよくやっている。現状を打開しようと動いている。走っている。サボったりは決してしていない。それは見ていればよく分かる。中盤に位置している選手たちもよくやっている。敵にボールが渡れば鬼の形相でボールを刈り取りにいく。
得点が取れないことにフォーカスが当たりがちだが、根本的な問題はDFにあると思う。誤解しないで欲しいのは、能力が足りないとかそういうことを言っているのではないということ。言いたいのは選手間のコミュニケーションに問題があるんじゃないかということ。誰が相手に当たりに行くのか。ボールを取りに行くのか、それとも持たせるのか。我慢するのか、取りに行くのか。繋ぐのか、クリアするのか。などなど。
ここ最近、守備に回ったときの中途半端なプレーが目立つ。あとは集中力を欠いたプレー。それで失点につながってしまうのだから目も当てられない。能力があるのに活かしきれてない
怪我人が戻ればアントラーズはもしかしたらある程度勝てるようになるのかもしれないが、根本的な問題を克服しないと勝ち続けることは絶対に不可能
あとはシュートの精度か。中途半端なチーム練習をやるくらいだったら、実戦形式でシュート練習を徹底したほうがいいような気がしている。次は5/2の長崎戦だ。時間は無い。チームの連携だってこの短期間に良くなるとも思えない。だったら個々のシュートの質を上げるべきだと思う。少なくとも俺だったらそうする。あとはフリーキックやコーナーのセットプレーの練習の質を上げるべき。ここ数年ずっと思っていた。セットプレーに得点の気配がしないと。これはアントラーズにとって重症だろう。それがなぜ放置されているのか理解に苦しむ。得点のチャンスに得点が取れたからアントラーズは強かったんだ。あらゆるピンチになりうる場面をことごとく潰してきたからアントラーズは強かったんだ。今のスタッフはそんなアントラーズを体現してきたはずだ。なのになぜそれがわからない?
俺達はある程度勝ちたいんじゃない。タイトルを獲りたいんだよ!