真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【毒】ここまでの鹿島について語らせてください…【注意】

ここまでのリーグ戦について

鹿島アントラーズは、5節を終えて2勝1敗2分と微妙な立ち位置にいます。『すべてのタイトルを獲りに行く』チームとしては、物足りない成績だなとどうしても思ってしまいます。昨シーズン優勝した川崎フロンターレは鹿島より上の位置(現在2位)におり、これがまた悔しさを煽るような感じになっています。そして今シーズン初めて敗北を喫したのは広島戦。その広島が1位にいるっていうんだから…。鹿島サポーターとしてはものすごく悔しいです。鹿島何やってんだよと。
そんなぐちゃぐちゃな感情をもっていますが、ここまでの鹿島について毒を吐きたいと思います。きっと読んでて気持ち良いものではないので、苦手な方はここで閉じちゃってください…。

ここまでの鹿島

今、鹿島はリーグと平行してACLの予選リーグを戦っています。現在グループリーグで1位をつけており、順調と思われがちですが、実はそうでもありません。少なくとも私は順調とは思っていないです。なぜか。それは今の鹿島が選手に依存した戦術になっているからです。勝てるときは勝てるけど、選手が変わったとたん別のチームに見えるほど弱体化します。
選手交代、怪我、体調不良…。色々な要因でメンバーは変わりますが、安定した強さが維持できていません。場合によってはストレスフルな試合展開になることがあります。そしてその頻度がめちゃくちゃ高い。アウェイシドニー戦とかは特に酷かったですね。勝てば楽になる試合を勝ちきれない。こういうことが昨シーズンから続いています。長引けば不利になる。チャンスと見たらしとめなきゃ勝てないということを学んでいないように見えてしまいます。本当のところはどうかわかりませんが。
ACLの予選リーグにいたっては、明日の上海申花に勝てば、予選を突破できるので全力を尽くしてもらいたいですね。ここで引き分け以下だったら、これはもうどう出るかわかりません。
一方リーグ戦。良かったと思えたのはG大阪戦とサガン鳥栖戦くらいでした。特に鳥栖戦は玉際の強さが際立ち、見ていて勇気をもらえる試合でした。こういう戦いが継続できれば、鹿島は間違いなく強いと言えるなというくらいに。
だけどそうはいかなかったのです…。
先日の札幌戦は「今シーズン最低の内容」でした。引き分けこそ拾ったものの、負け同然。クォン・スンテや昌子のがんばりのおかげで無失点ではあったものの、メッタメタに攻め込まれる展開。
札幌のパスが面白いように通りまくってて、鹿島の選手がぜんぜん捕まえられない。この2週間、なにやってたの?って感じでした。気持ちの強さは圧倒的に札幌のほうが強かったです。いい選手もいたな。チャナティップ、三好は目立ってました。
チャナティップは果敢にチャレンジしてたし、恐れるものは何もないって感じでした。あぁいう気持ちの強さは大事だと思うんですよね。札幌戦で機能していた前線って、その気持ちの強さを持った鈴木優磨くらいでした。残りの金崎夢生、安部裕葵、土居聖真はいいところがあまりなかったです。札幌は徹底的に金崎つぶしをしてました。それにもかかわらず、金崎を使おうとするもんだから、札幌としては非常にやりやすかったことでしょう…。

それを踏まえて私が聞きたいこと
「何でこんなにも無策なの?」
選手を信じるっていうのは聞こえは良いかもしれないけど、その裏では「監督は何もしません」て言っているようにしか聞こえないんですよね。金崎が潰されるんだったら、別の選手を経由してボールをつなぐとか、方法はいくらでもあるじゃないですか。なんのための指揮官なんだよと。
札幌戦に限らないけど、交代のタイミングも遅すぎ。どんなゲームプランだったのかわからないけど、今回は早めに選手を入れ替えて、攻撃の活性化を図るべきだったのではないかと思ってます。
あとは選手をかえるにしても、どういう意図で変えたのかがわからないんですよね。
変わったばかりの選手が、攻撃のチャンスというところであっさりボールを失う光景は昨シーズン幾度となく見てきました。
それが今シーズンも続くとなると結構グサグサきますよ。
プレーするのは選手というけど、プレーさせてるのは監督ですからね。
納得いく選手を出してほしいわけですよ。「この選手たちはこういうことが期待できる。だから出しているんです。」それが聞ければ、「あぁなるほどな」って思うし、納得はすると思います。
でもそのメッセージがぜんぜん伝わってこない。これはもう重症です。
後もう一個。



小笠原満男はサッカー選手です。監督の相談役じゃありません。
監督の話を聞くためにベンチにいるわけじゃないはずです。
彼は鹿島の勝利のために身を削ることができる大黒柱です。
鹿島の一番のベテランは、鹿島の中で一番「献身・誠実・尊重」を貫いています。

もしかして監督が「献身・誠実・尊重」を貫けていないんじゃないでしょうか。


違うというなら結果で示してほしいです。
勝つために全力を尽くして、選手を送り出してほしい。