真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

Jが開幕してたよ!(いまさら)

Jリーグ開幕してました!

Jリーグが開幕して第3節まで消化しましたね。一方でACLもグループリーグ4試合が消化、ルヴァンカップのグループリーグも開催されています。個人的にはもう少し日本サッカーに注目してもらいたいのですが。ニュースとかでももっと国内サッカーの露出が増えるといいなぁと思っています。

今の鹿島アントラーズ

ここで我らがアントラーズの戦績を。リーグでは1勝1敗1分け。決めるところで決められないのは昨シーズンから続いている状態です。また、ちょっとしたミスが失点に繋がるのも同様です。ACLでは2勝2分けで首位。残り2試合ですが、勝ち点2以上とれば決勝トーナメントに進めます。
昨シーズン、最終節でまさかの引き分け。タイトルがすり抜けていったあの屈辱。今シーズンは絶対にタイトルを獲らないといけないシーズン。それなのに早くも黒星がついたことには正直ショックでした。しかもその黒星がホームでの黒星だったこともあって、悔しい気持ちでいっぱいです。

今の鹿島のここがいい

いきなりネガティブな感じではじまってしまいましたが、いいところもあります。個人的に想像以上によかったのは「安西幸輝」の獲得です。
左右のサイドでプレーできるとの触れ込みでしたが、これが本当によかったです。戦術理解度も高く、思いっきりのよさは見ていて気持ちのいいほど。
新戦力で即戦力になった選手はここ最近だと山本脩斗くらいでしょうか。レアンドロやレオシルバ、三竿健斗ですら、多くの時間を要しました。この安西は新しい風を鹿島に送り込んでくれそうな気がします。
そしてもう一人。勝利を呼び込める男。鈴木優磨。
昨シーズンではファウルをもらうためか簡単に倒れこむ感じでしたが、今の優磨は簡単には倒れません。ボールのキープもうまく、味方の使い方、ボールの呼び込み方が段違いに成長しているなと感じました。

今の鹿島のここがダメ

ボールを失い方が本当にまずい。攻撃に転じてすぐボールをロストするのは、士気にもかかわる。すぐディフェンスに回るので、どうしても精神的にきつくなる。ネガティブなイメージを持ってしまうと、すぐ疲れてしまうのでここをどうするかが大事。ただ、これも昨シーズンから続いているので、コーチ陣は何をしているのか疑いたくなるレベルです。攻撃の練習はしているようですが、ボールの奪われ方を分析し、約束事をキッチリ決めて型にはめないと、またしてもタイトルを逃すことになりかねない。なんとかしてもらいたいです。
本当のところはどうかわかる術はありませんが、監督の戦術を忠実にこなせるメンバーは限定されているように見えます。言い方は難しいのですが、監督の戦術のために選手がいる感じ。だからはまれば強いですが、別の選手に変えたとたん、思うように行かなくなる。監督には選手に合わせた戦術を考えて実践してもらいたいです。システムを変えるのもありだと思います。今は4-4-2のシステムですが、選手の組み合わせによってシステムを変えることができれば、攻撃の幅も増えていくのではないでしょうか。
あと怪我人が多い。西、レアンドロ、安部、内田、三竿(雄)、遠藤、安西の6人が負傷。(安西はこの前の広島戦で負傷)
サイドのメンバーが増えた!と喜んだのもつかの間、怪我人続出です。運動量の多いポジション故なのかもしれませんが怪我人が多すぎです。個人の問題等もあるのかもしれませんが、チーム全体として万全とした状態で戦いたいものです。

目標は全タイトル奪取

ここ最近、某選手や、監督に対する風当たりが強い傾向にあります。Twitterとかではもうほんとうに酷いつぶやきが飛び交ってます。
個人的にはそういう人たちに「うるせー!」といってやりたいですが、チキンなのでできません←
そいつらに土下座させるためにも(?)大岩監督をはじめ、鹿島アントラーズのみんなには頑張ってもらって、すべてのタイトルを獲得してもらいたいと思います。がんばれアントラーズ!負けるなアントラーズ

鹿島 Let's go !
鹿島 Let's go !
☆ ☆ ☆☆☆☆