読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【Jリーグ】DAZN観戦 - VS ベガルタ仙台 - 【鹿島アントラーズ】

◆J1第7節 ベガルタ仙台 VS 鹿島アントラーズ

前節はホームでC大阪に完敗し、ACLでもブリスベンに敗北を喫した鹿島アントラーズ。連覇を狙う鹿島にとって早くも黒星が付き始めたなというのが私の感想です。それだけに、この試合はなんとしても勝ってほしいと思っていました。

躍動する鹿島

この試合で久しぶりに金崎夢生がスタメン復帰。ツートップの相方には土居聖真サイドハーフには遠藤康中村充孝が入りました。ボランチには小笠原満男永木亮太サイドバックには西大伍山本脩斗、CBには昌子源植田直通、守護神曽ヶ端準と豪華な顔ぶれです。
仙台と戦った鹿島は、ここ最近の鹿島では見れなかった流動的な攻撃を見せていました。キーとなっていたのは金崎夢生だったと想います。彼が動けばスペースが生まれ、そのスペースに飛び込むといった形が出来ていました。仙台もこの攻撃には手を焼いていたように思えます。先制点を奪ったのも鹿島。ただ、入れたのは西大伍。素晴らしいゴールでした。
2点目は昌子源のロングパスに抜け出した中村充孝が、ペナルティエリアで倒されPKゲット。金崎夢生が難なく決めてリードを広げます。3点目は土居聖真がヒールで落としたところを遠藤康。左足一閃!
この3点は前半のうちに決めたものとなります。後半はどうなるか楽しみにしていたのですが、相手に合わせてしまったのか、前半とは異なり守備が多くなってしまいました。後半始まっている間もないころに失点を喫してしまいます。そのあとも仙台の猛攻が続きましたが、なんとか耐えしのぎます。
小笠原に変えて三竿健斗金崎夢生に変えてペドロ・ジュニオール。この二人が、仙台にトドメをさしました。
三竿健斗のフィードにペドロ・ジュニオールが反応。相手のチャージをものともせず、SHOOTを決めて勝負あり!公式リーグ戦初得点を決めたペドロ・ジュニオール。このまま得点を取り続ける選手に、そして鹿島を勝利に導くヒーローになって欲しいですね!
ACL、国内タイトルをすべて取るには全員の力が必要不可欠。総力戦でタイトルを勝ち取るために、サポーターたちもひとりひとりができることを全うしましょう!

かっしーまアントルァーーズ!!