読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

サッカーワールドカップ アジア最終予選 日本 vs タイ

良かった選手

川島、久保、原口だけは安定して良かったと思います。終盤まで安定してプレーできたと思うし、相手を脅かし、ピンチを防ぐ働きもしているように見えた。香川は守備頑張ってましたね。ゴールを決めたのは良かったけど、途中から消えていたのが気がかり…。最後まで安定してたかというと、疑問符が残ります。

こりゃだめだ…と思った選手

森重、酒井(宏)、本田は酷かったなと思います。ホント誰の目にも明らかだったんじゃないかと。
まず森重。この人の出すパスが全く繋がらない。そこから反撃を食らってピンチを招くこと多々。吉田や川島がカバーしたからよいものの、もう少しでヤラれるところだったと思います。
酒井(宏)も同様。パスも繋がらない、クロスも上がらない。前回は得点の起点にもなったりしたけど、今回は全くだめ。見せ場は皆無に等しかったのではないかと。ダメなところを見せすぎて、ある意味強烈なインパクトを残してしまいました。
最後は本田。途中から出たにも関わらず、守備のときはチンタラチンタラ自陣に戻り、かと言って攻撃のときにスピードが上がるわけでもない。謎の決定力すら見せることもできず、見せ場無しに終わる。

ホントにヤバイと思うこと

上記で述べたヤバイ選手を押しのけることができてないのが一番ヤバイ。ハリルには「こいつらヤバイけど、他の使うよりはマシ」って思われてること。代表に選ばれてるのに試合に出られてない選手はマジで危機感持ったほうがいいんじゃないかと思います。というか持ってほしい。「こんなプレーで代表www俺と変われよ。」くらい言ってくる選手が出てきてもいいんじゃないかな…。