真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【Jリーグ】DAZN観戦- VS清水エスパルス -【鹿島アントラーズ】

◆J1第4節 清水エスパルス VS 鹿島アントラーズ

前半1失点、後半に入って半ばを過ぎた頃に1失点…。2点を追いかける展開に。心なしかスタジアムの応援のボリュームが小さくなってしまったように聞こえました。しかし、その小さくなった「火」に勢いを与えてくれたのは、背番号5の植田直通のゴールでした。

高いボール保持率の鹿島アントラーズ、しかし清水は隙きを見逃さなかった

前半から鹿島はボールを回していました。しかし、前にボールを運べていたわけではありません。選手の判断が遅かったように見えました。それが、疲労から来てるのかはわかりませんが、パスの出しどころを探している隙きに清水の選手が戻ってきてしまい、後ろに(あるいは横に)戻さざるを得ない状況が数多く見られました。清水からの攻撃は昌子、植田も頑張って跳ね返していました。ピンチらしいピンチはほとんどなかったと思います。しかし前半もあと数分で終わるかなといったところで、昌子が鄭大世に競り負け、植田がボールをクリアしようとしたところ、ボールの弾道が低く清水の選手に当たってしまいました。そのボールは清水の選手が拾い、そのままゴールに。手痛い失点を喫してしまいました。
後半、鹿島は動きます。山本脩斗に代えて西大伍がピッチに立ちました。そこから鹿島の攻撃のテンポは上がっていきましたが、なかなかゴールに結びつきません。しばらくして金崎夢生ペドロ・ジュニオールに代えて投入。ここから反撃というところでしたが、またもや一瞬の隙きをつかれて失点してしまいます。
ただ、この失点を受けてさえ鹿島が慌てるような様子は見えませんでした。そして、その約3分後に反撃の狼煙を上げたのです。

反撃の狼煙!植田、優磨、そして夢生!!

まず1点目。遠藤康フリーキックに合わせたのは失点に絡んでしまった植田直通。相手に競り負けることなく(むしろ圧勝?)、脅威の跳躍力からゴールを奪いました。
2点目は永木からのクロスから、鈴木優磨が叩き込んでゴール。
3点目はショートコーナーから遠藤康がボールを上げると大伍と聖真がスルーし、金崎夢生がトラップからのシュートで逆転。
その後は危なげなく守り切り、勝ち点3を勝ち取りました。

感想

見応えのあるゲームでしたが、心臓に悪い…。劣勢に立たされながらも落ち着いてゲームを進め、勝機を見逃さずに急所を突くようなゲームは快感ではありますが、毎回見たいとは思いませんね(笑)できれば最後の最後まで安心して見られるような試合がみたいですね!


次は少しの中断期間を経て、アウェイ大宮戦。開幕4連敗と苦戦している大宮ですが、相手に合わせることなく、鹿島のサッカーで勝ちをつなげていきましょう!