読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

ゴール裏の雰囲気がめちゃくちゃ悪い

J1 1stステージは鹿島アントラーズの優勝!しかし…。

2016シーズンのJ1 1stステージは、見事鹿島アントラーズの優勝で幕を閉じました。決して楽な戦いではありません。カップ戦は予選敗退。下位相手に勝点を取りこぼすこともあり、なかなか首位に浮上することができませんでした。しかし、1stステージの第16節。川崎フロンターレアビスパ福岡と引き分けたため、ついに首位に浮上することが出来たのです。そして最終節でそのアビスパ福岡を下し、優勝を決めました。何気に優勝したところに立ち会ったのは初めてで、私にとっても特別な一日になりました。
しかし、数日後にある事を知りました。きっかけはTwitter。それは、『インファイトがホームで勝った時にはオブラディをやらない』ということでした。理由は『ホームで勝つのはあたりまえだから』。真偽の程は定かではありませんが、勝負はそんなに甘いものではありません。それこそ、『勝つ時もあれば負ける時もある』です。選手が必死に戦って掴んだ勝利をサポーターみんなで喜んで何が悪いのでしょう。それにオブラディには選手を讃える意味もあったのではないでしょうか。

サポーターの信頼はガタ落ち、サポーターへの説明は?信頼は取り戻せるのか?

2ndステージが始まり、鹿島アントラーズは初戦をガンバ大阪とホームで戦いました。赤﨑秀平の先制ゴールで歓喜するも、すぐ追いつかれてしまい、2点、3点と突き放され、敗北を喫してしまいました。完全優勝するために、初戦を白星で飾りたかったはず。選手たちを後押しするはずの応援も、どこかちぐはぐで、一体感というものは感じられませんでした。また、インファイトは試合終了後に相手サポに絡んでいったそうです。オブラディの件といい、今回の件といい、正直インファイト(の一部)にはガッカリです。ここ数年で築き上げた信頼を、たった2試合でブチ壊したような印象さえ受けます。ゴール裏が最悪な環境。果たして今までのようにサポーターが楽しく、激しく、燃え上がれるときはやってくるのでしょうか。ホームだろうとアウェイだろうと駆けつけ、鹿島アントラーズを盛り上げるインファイトの皆さんは素晴らしいし、尊敬できると、私は思っていました。だからこそ、この環境をブチ壊したことは悔しくて残念でなりません。

どうか、今までのような雰囲気に戻って欲しいです。