読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

ナビスコカップ予選最終節 大宮 vs 鹿島

サッカー観戦

前回の磐田戦に続き、若手中心のメンバーで挑んだ鹿島。未熟ながらもアグレッシブに戦う姿勢には心打たれるものがありました。
時々、ボールが止まってしまうことがあり、攻めのパターンというか、戦術が浸透されていないんだろうなと思った部分がありました。それでも球際には激しく当たりに行くなど、最低限のところはやれていたのかなと思います。
危ない部分もありましたが、運がよかったり、最後の寄せで相手のチャンスを潰したりと、終盤まで無失点でいけてましたが、一瞬の隙をつかれやられてしまったのは非常に残念でした。

鹿島も決定機は作れていたし、もったいないシーンも多々ありました。決められるところで決めないと、こういうことがあるんだぞというのを、若手は身に沁みたと思います。また、試合に出ていた2,3年以上の選手はこういうことを何度か経験しているはずなので、次のリーグ戦に向けてしっかりと準備して欲しいです。


アウェイ 浦和戦。
優勝の行方を占う一戦。

鹿島はもう勝つしかない