読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【振り返り】鹿島vs大宮の感想

鹿島と大宮の試合は引き分けで終わった。1stステージ優勝のためには、勝って上位2チームとの差をこれ以上離されたくなかっただけに、かなり悔しい結果となった。

この試合はスカパーで観戦していた。あれだけ攻めていて点が取れなかったのは、やはり攻撃陣の問題なんだろう。あとはニュースの記事などを見てなるほどと思ったのだが、味方が見えておらず、シュートに固執していた節が見受けられたことや、パスが来ないと判断すると、走るのをやめるなどのシーンが確かにあった。
あとは、審判。これは見ている側もイライラして、試合がコントロールできているとは到底思えなかった。選手側もイライラしてしまい、心のコントロールができていないように見えたというのは、某サッカーライター。この辺りが『チームとして若い』と言っていた。

本来の鹿島は、相手の嫌なところをついてついてつきまくって、ゲームをコントロールして終わらせるチーム。それを心のコントロールができきないがために、戦い方がブレてしまったのかなとも言える。

なんにせよ、攻撃のアイディア、臨機応変に戦い方を相手の嫌がるものにし、試合を終わらせる戦いを期待したい。もう負けはおろか引き分けもいらない。欲しいのは勝利のみ。

頂点目指して駆け上がってくれ!