読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【感想】VS 川崎フロンターレ

J1第5節は首位との対戦!

ここまでリーグでは3勝1敗の成績だが、代表に選ばれた選手不在の影響か、ナビスコカップ予選リーグ2連敗の我らが鹿島アントラーズ。そんな我らをホームで迎えたのはリーグ首位を走る川崎フロンターレ中村憲剛大久保嘉人など、怖い選手が揃っている。
代表に選ばれていた選手も戻り、この不調の波から脱出したかったが、先制点を守り切ることができずドロー。攻守が目まぐるしく変わり、両チームともいい対応ができていたという良い試合だった。良い試合だっただけに、勝ちたかった。

スタメンはいつも通り。前2枚が赤崎秀平金崎夢生。中盤が小笠原満男柴崎岳遠藤康、カイオ。後ろが西大伍山本脩斗植田直通昌子源ゴールキーパー曽ヶ端準ナビスコカップの不調から、赤崎と柴崎は外れるのかなと思っていたけど、そんなことは無く。
柴崎の方はボールを失うところはいくつか見られたけど、前の2戦とは違って攻撃に顔を見せた場面もあって、少しは調子上げて来たのかなと思った。
心配なのは赤崎。運動量というところでは問題ないと思うのだけど、FWらしい働きは皆無に見えた。シュートも打ったのは前半の1本のみだった。
前半からアグレッシブにしかけ、相手のミスをついて先制したのはよかったが、点を入れて9分後に同点に追いつかれたのは残念だった。
個人的に残念すぎたのは遠藤康のシュート。絶好の位置に絶好の横パス。ボールを当てるだけのシーンだったはず。それを枠外にふかしたシーンは、サポーターの誰もが落胆したんじゃないかな…。ナビスコでも同じように外していたので、怒りにも似た気持ちが湧き出てしまった。「いい加減にしろよ」って。
後半から土居聖真、鈴木優磨が入って攻撃が活性化。聖真と優磨もそれぞれ決定機はあったけど、相手の好守の前にゴールを割ることはできなかった。

色々悔やむところはあったけど、ここのところの数試合で勝ち切れていないことを力に変えて、ナビスコ予選で(いい加減に)勝利を飾りたい。そして中3日で迎える広島戦に望み、勝利を見届けたい。