読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

走る気バリバリあったのに

走るつもりだったのに!

元旦。昨日の夜までは、朝起きたら元旦走る気満々であった。日が昇り、明るくなり始めた早朝の6時に目が覚めて、走る準備を整える。ゆっくりとしたペースで走りだし、19kmほど走って終了…。そうなる予定だったが、目覚めて時計をいみたら9時。そこで走る気が失せてしまった。そこから親に挨拶をして、雑煮を食べてダラダラ…。「仕方ない。昼ごはんを食べたら走ろう。」そういって気を取り直した。

打ち砕かれる「信念」

お昼ごはんを食べる前に、近くに住んでいる祖父母に挨拶をするため軽くジョグをした。その距離400m。挨拶をすると普通にお酒を進められ、飲むことに。そして出るわ出るわ料理の山。断ると期限を悪くするので断ることはできない。料理を食べたあとも、幾度と無く料理を勧められるが、「おなかいっぱいw」で逃げる。そしてテレビは天皇杯決勝。ガンバ大阪浦和レッズの戦いを見ていた。私自身は大阪を贔屓。しかし、他のみんなは浦和贔屓で試合を見ていた。何故か理由を聞いたら「同じ関東だから」だそうだ。
試合を見終えたあと、家に帰ると親父がビールを飲みたいと言い出した。父親だけ飲むのかなと思ってビールとグラスを一本ずつ持って行くと「なんだ?お前は飲まないのか?」と寂しそうな顔をする。なんとなく申し訳ない気持ちになってしまったので付き合うことに。この時点で走ることは諦めた…。

わかったこと

走らなかったのは自分の責任。正月の誘惑を甘く見ていた。
明日も走れないことは必至だな。なぜなら親戚の家に挨拶にいくから。きっと今日と同じように料理と酒を振る舞われるのだろう。せめて体重が増えないよう、気をつけるようにしよう。