真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

Jリーグチャンピオンシップ 1st legの感想

今日はガンバ大阪サンフレッチェ広島のチャンピオンシップの1st legが開催された。ホームで広島を迎え撃つガンバ大阪

この試合。後半にボカスカ点が入る面白い展開になった。

先制したのはガンバ大阪。広島のミスを見逃さなかったながさわくんがゴールを決めた。

その直後、広島が取り返す。

そしてそして、今野が綺麗なボレーを決めて再度勝ち越し。ガンバが優位に立った。


これはこのままガンバが逃げ切るのかなとも思ったが、試合は徐々に広島ペースに。 そしてガンバに大きな痛手が。ジェソクが一発レッドで退場。

これは引き分けになりそうだと思った直後、広島が決めてガンバに追いつく。

ガンバと広島の意地がぶつかり合う。引き分けでは終わらせない。そんな気持ちが現れていたように見える。

そして試合終了間近。
ラストワンプレーで広島が決めて勝利。


点の取り合いに負けたガンバ。優勝する可能性はあるにはあるが、かなり厳しい戦いになってしまった。

しかし、この試合はとても見応えがあった。少なくとも代表戦よりはお互いやりたいことが伝わり、ストレスなく見ることができた。もっともストレスなく見れたのは、第三者的立場でみられたからだろうが。

次は土曜日。また面白い試合をみせてほしい。


【補足】
すこーしだけガンバに肩入れして見てた。最近面白いゲーム見せてくれていたし。

【追記】
ジェソクが退場したときの時系列が間違っていたので修正しました。退場してから広島が追いつき、逆転ですね。失礼しました。