真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

スクワットやってたら両足攣りそうになった話

モヤモヤが消えない

鹿島が湘南に敗けて一日が過ぎた。過ぎたことだ。切り替え、切り替え!と前向きになろうとしていたが、心の何処かではやはりもやもやしたものがあった。facebookTwitterに、今日のオープンスタジアムの様子がタイムラインで流れてきて、すごく楽しそうでよかったなぁ。これでみんな大丈夫かな?と思いつつも時間が経つとモヤモヤ。なぜだろう?と考えた結果、自分は何もしていないからではないか?という結論に至った。

じゃ、何する?と自問自答した結果がスクワット100回

では何をする?気分転換になりつつ、自分を追い込むものがいい。そうきたらスクワットが思い浮かんだ。マラソンやフットサルに必要な足腰の強さも鍛えられる!一石三鳥!と頭の悪そうなことを心の中で叫び100回することにした。
風呂に入る前の筋トレ。ここしばらくは指の怪我のこともあり、運動から遠ざかっていた。久しぶりの運動がスクワットになろうとは。回数を順調にこなしていたが、83回を数えた時異変が起きた。
『おうっ…ッッ!』
左脚の太もも付近がピクピク言い出した。なんとか慎重にゆっくり腰を落とし、また腰を上げる。大丈夫だ、まだいける。そうしてまた腰を下ろすとピクピク言い出す。それを繰り返し、なんとか100回行うことができた。
俺は充実感に満ち溢れていた。
『やったぞ!』
そしてベッドに向かって倒れ込んだ時、両足がピキピキ言い出した。
『痛…ッッ!やべぇ!!!!』
急いで足を伸ばし、両太ももを叩いたりもんだりしてリラックスさせた。なんとか攣ることは避けられたが非常に焦った。
けして無理することなかれ。良い教訓になった。