真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

湘南と鹿島の試合を見て感じたことを書く

明治安田生命 J1リーグ2ndステージ第15節 湘南ベルマーレ鹿島アントラーズの試合を見て感じたことを書いていく。まず最初に試合の結果だが、2-1で鹿島は黒星を喫した。

前半からリスクを犯して前へ前へ攻めてくる湘南ベルマーレ。鹿島の選手達は、その動きを掴みきれない。スペースに顔を出していく湘南ベルマーレ。シュートコースを防げない鹿島の守備陣、失点してしまうのは必然だったのかもしれない。試合開始5分で崩されて失点。30分すぎにはコーナーからのセットプレーで失点。湘南の動きは見事だった。
失点につながらなかったものの、シュートコースがら空きの守備が結構目立った。前半は湘南のゲームだったとはいえ、鹿島にもチャンスはいくつかあった。しかし、相手のゴールキーパーに弾かれたり、枠外だったり、ものにすることが出来ない。そしてそのまま前半終了。鹿島は後手に回る展開が多かった。鹿島が押されている試合は、セカンドボールが拾えていないことが多い。この試合もそうだった。
後半は打って変わって鹿島が支配。湘南は引いて守る。運動量が明らかに減ってきた。しかし、それでも湘南のゴールを割ることが出来ない。シュートは打つが枠を捉えることが出来ない。セットプレー時のキッカーである柴崎岳のキック精度がイマイチで、味方を捉えることが出来ないのは気になった。遠藤康はこれといった見せ場を見せることなく、カイオと交代。赤崎も鈴木優磨と交代。交代したカイオ、鈴木は果敢に相手に攻め込んでいった。しかし、それでも枠を捉えることが出来ない。セカンドボールもなかなか拾えないことが多かった。シュートの数だけなら前半は湘南のほうが多かったが、後半は鹿島が上回った。そして待望の鹿島の得点が生まれたのはアディッショナルタイム。小笠原のコーナーを金崎夢生が頭で合わせてゴール。ラストワンプレーにも柴崎がペナルティーエリアに持ち込んでのパス。押し込めれば同点となるものだったが届かず試合終了。悔しい敗戦。
 
ここで、この試合をみて思ったことのまとめ
  • 相手の嫌がる守備ができていない。
  • 後手に回る守備陣、そこからの失点。
  • 遠藤と赤崎が消えていた。
  • 攻撃陣はチャンスを活かすことが出来ず。
  • ボランチと最終ラインの連携大丈夫?大きなスペースが生まれてたのは気になった。
  • 鈴木優磨の期待値は個人的には大迫以上。
  • 柴崎岳のキック精度が悪すぎた。
来週はナビスコ決勝。今のままだと黄信号だ。守備も攻撃もより精度を上げていってほしい。
 
最後に。
 
鹿島アントラーズは必ず横浜、名古屋をホームで倒します!だから湘南ベルマーレさんとガンバ大阪さん!広島をやっつけてください!!