読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

鹿島アントラーズと柏レイソルの激戦!勝負を決めたのは?

今日はホームで柏レイソルと戦った鹿島アントラーズ。試合開始早々、赤崎秀平のゴールで先制したものの、そこから足が止まって同点、そして逆転を許してしまった。前半は1点ビハインドで終え、後半に。
ここ最近の鹿島だが、イマイチ昌子がいけてないように思える。この前のナビスコの時もそうだ。消極的な姿勢といえばいいのだろうか。判断が遅かったり、ラインを上げられず、攻撃のチャンスを潰すような守備が非常に多い。前半もそれでレイソルに好き勝手やられている印象を受けた。そんな昌子に西が声をかけたらしい。『恐れずにラインを上げろ。カバーするから。』西大伍。漢だね。昌子は身体能力でいえば、鹿島を支える柱となれる選手だ。そして若い。恐れずに自分を出して鹿島を勝たせてほしい。
後半にはいってしばらくはレイソルの時間だった。しかし、徐々に鹿島に流れがやってきた。中村充孝のドリブルからシュート、キーパー弾いたとこに赤崎、それも弾いたところにいたのは金崎夢生!ポストにぶつかりながらもボールを押し込み同点!勝たなければいけない両チーム。手に汗握る展開。アディッショナルタイムに突入したところでゲームは動いた。途中交代で入った豊川、カイオ、鈴木優磨。この三人が絡んで勝ち越しゴールは生まれた。
カイオからのグラウンダーのパスを、走り込んだ鈴木優磨がシュート。キーパー菅野がキャッチするもゴールラインを越えており、鹿島が再逆転に成功。残り時間を耐え抜き、見事勝利を手にした。


見ている最中は、色々と言ってたけど本当に勝ててよかった。

  • 柴崎岳小笠原満男のミスが多かったこと。
  • 累積で試合に出られなくなりそうな選手が多いこと。
  • 守備陣の立て直しはうまくいくのか。

など色々と心配事はあるけれど、気にしたって仕方ない。クラブ全体で乗り越えることを信じて、目の前の戦いを全力で戦おう。そして僕らはそのサポートを!

タイトルは必ず獲る!!