真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

ゴールに嫌われた金曜日

仕事を終えてフットサル。毎週金曜日は余程のことがない限り、このようなサイクルだ。一週間のデスクワークでたまったストレスを、体を動かして発散させる。時にムカついた野郎の顔(最近はマナーの悪いドライバーの顔。オッサンが多い)をボールに反映させて、思いっきり蹴る。しかし、そのようなボールは邪念が大きすぎるためか、ゴールに結びつかない。そういうものらしい。
この日も決定機を外しまくった。ゴールを意識しすぎると、バーに嫌われたり枠外になったりする。パスは割りと回すことができたけど、シュートに限っては9本くらい打って1本やっと結びついたくらいだ。
なぜこうまで決定機を外すのか。分析したら面白そうだ。(前向きに!)