真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

鹿島アントラーズVSガンバ大阪を振り返る…といいつつ、稚拙な感想。

この試合、スカパーのオンデマンドで見ていた。せっかくのホーム戦だったのだが、フットサルの予定をうっかり入れてしまったせいで観戦・応援することができなかった…。大反省である。
さて、第一印象だが、両サイドバックの調子が悪かったように思える。また、全体的にパスミスが多かった。そのせいで前半は失点をしてしまったし、結果的には負けにつながってしまった。だが、後半、ガンバの攻撃を抑え無失点に抑えた。また、90分には鈴木優磨はプロ初ゴールを決めている。少ない時間の中で結果を残したものの、試合後のコメントには「勝ち点3と引き換えになるのなら、(自分の)ゴールはいらない」という旨のメッセージを残している。勝ちにこだわるアントラーズの血が刻み込まれている印象を受けた。
この試合、負けはしたものの、確実にチームとしての血肉になっているだろう。次節はアウェイで甲府と戦う。クラブとサポーターが一丸となって戦い、白星を勝ち取ろう。