読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

VS FC東京 石井新監督の初陣

昨日は石井新監督の初陣となるFC東京戦だった。これまでホームで勝てていないことと、失点が多く勝ちきれない試合が続いていた。そのような状況を、石井新監督はどうするのか。そこが昨日の焦点だった。(少なくとも私にとっては。)

スタメンでは曽ヶ端と柴崎が復帰。金崎はおそらく疲労、怪我のためベンチ外。そこには中村充孝が配置された。右のサイドバックには伊東幸敏
控えには山村、青木、カイオ、本山、ダヴィ、そして期待の新星【鈴木優磨】

監督が変われば、戦術も変わる。それに合わせて選手も変わる。今まで選ばれることが無かった選手にはチャンスが巡ってきたのではないかと思う。選ばれなかったとしても、腐ることなく切磋琢磨し、鹿島アントラーズという土台を厚く、高く、そして強くしてほしい。

試合は入りから今までとは全然違った。相手がボールを保持すると激しいプレス。今までになかった「ボールを奪う」というプレーが見れた。奪い取るやいなや駆け上がる選手たち。そこには「絶対に勝つ!」という気持ちが見て取れた。それだけでもすごく嬉しかったし、こういうところを毎回見ることができるのであれば、何度でもみたい!楽しい!と心の底から思った。

先制点は柴崎から生まれた。右足を振り抜いて打ったシュートは、相手にあたり軌道が変わり、権田の逆をつく形でゴールマウスに吸い込まれた。前半いくつかひやっとさせられたシーンもあったが、曽ヶ端のセービングで難を逃れ、1点リードのまま後半へ。
後半は、一進一退の攻防が続いた。この暑さの中、前半と同じように戦うのは厳しい。失速するんじゃないかと心配していたが、選手たちは気持ちを前面に出して戦ってくれた。
決定機を作るもなかなか追加点が奪えない。そして一瞬の隙をつかれ、同点ゴールを許してしまう。しかし鹿島アントラーズは最後まで諦めない。コーナーキック、蹴るのは柴崎。蹴ったボールを昌子が頭で捉えゴールに押し込んだ。

このリードを守り抜き、石井新監督の初陣を、白星で飾った。サポーターも喜びを爆発させた。

戦いはこれから。この戦い方が継続してできるのであれば、鹿島は簡単には負けないと確信している。モチベーションを高く!次も勝とう!