真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

笑いの神は誰に微笑んだか

フットサル前夜

昨日は後輩が退職するということで送別会が開かれたのだが、仕事の都合がつかず送別会に参加することができなかった。そのため、今日開催予定のフットサルに参加しようと思いたち、参加表明をした。土曜のフットサルは久しぶりだ。先週の金曜フットサルは出来が悪かったから、そのリベンジも兼ねて頑張ろうと密かに誓った。

早朝でメールにて宣戦布告された!

我が好敵手コナンから「フットサル決行」の連絡が届いた。素直に承知した旨を伝えたところ、「コーへーさんが点を取れますように。厳しいかなぁ」とのメールが。(#^ω^)コノヤローと思いつつ「笑いなら取れる。あ、でもコナンさんには敵わないか」と応戦。低レベルな争いの火蓋が切って落とされた。

試合の前の舌戦

曇り空、雨も降っていないが、ジメジメした空気。コートに向かうと俺の知らないコナンの姿が。「おぇ!!?太りすぎじゃね?」。そう、しばらく見ない間にコナンは激太りしていたのだ。酒と食欲の鬼である彼を蝕む脂肪。その辺りを指摘するとコナンはこう言った。
「お前らは何もわかっちゃいない…。これは成長だ。」
かっこ悪い体の持ち主の口から、なんかカッコいい言葉が出てきた。こちとら走って少しずつ脂肪燃やしてるってのに。なんか負けた気分だ。

フットサルでの激闘

湿度が高く、体感温度は下がりにくいせいか、かなり疲れた。最初のゲームで飛ばしたせいか、連戦となる2試合目はかなりやばかった。途中水分補給をしたりして凌いだものの、汗が止まることはなかった。一度休憩に入って、走るところと走らないところを自分の中で決め、倒れないように意識した。成長したコナンは、キーパー時には八百長疑惑を感じさせるプレーで周りの笑いを取っていた。あれには勝てない。フィールドで走るようになってからは、太っていることを感じさせないプレーを見せていた。終了後は「あと10kg落とさないと」みたいなことを言ってた。がんばれ。
自分としては後半はチームメートに恵まれたせいか、楽にさせてもらった。味方のシュートの餌食にならないよう、シュートコースは開けたり。相変わらずシュートコントロールは最低だったけど、そこは決めてくれよ!というような外し方はなかった(はず)。今日は3ゴールくらい決めたけど、ありがたいことにすべてパスがよかった。もっと走れるともっと楽しくなるだろうな。

終わりに

今日はホント楽しかった。終わってしばらくしたあとに、足がガクガク震えだしたけど。まだ筋力足りないみたい。怪我しない程度に鍛えていこう。ミドルのループシュート、キーパーに弾かれたけど、あのキックは絶妙だったたと自画自賛。チャレンジし続けよう。
笑いの神は、コナンに舞い降りた。今日に限っては、俺はあまり笑い取れなかったな。
f:id:cohey_cap:20150628002656j:plain