真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

【振り返り】金曜のフットサルと土曜の広島戦

この前の金曜のフットサルと、その翌日の鹿島アントラーズVSサンフレッチェ広島の試合について書こうと思う。

台風が過ぎてからというものの、ここ関東地方の気温はだいぶ上がった。今日からしばらくはまた涼しくなるみたいだが、それまでは少し歩くだけで、汗をかいてしまうほどだ。少なくとも私は。この金曜日も例外ではない。朝から暑く、夜も涼しいとはいえ、今までと比べると暑い。少し動くと汗をかく。少なくとも私は。

この日フットサルに集まった人数は14人。3チーム作って一人足りないところは休みのチームの人にキーパーをお願いするいう流れで進行していった。最近走ってないせいか、疲れやすくなってる気がする。もしかしたら暑くなってるからかもしれないが、疲れ具合が半端ない。流れる汗。止まらない。
フットサル前半はノーゴールのオンパレードだった。打っても打っても入らない。キーパーに止められる。ラスト1プレーでキーパーとの1対1のシーンでは、クロスバーに阻まれた。思わず地面に手をついた。屈辱だ。

そんな私でも、なんだかんだで後半盛り返し3点を奪うことができた。笑いも点も取れるプレーヤー俺。もっと決定力あげたいよ…。



f:id:cohey_cap:20150518211655j:plain



そしてその翌日、鹿島アントラーズはホームで広島を迎えた。この日の試合中、私は実家に戻っている最中だった。実家につく頃にちょうど試合が終わっている。そんな時間。

実家について、親に挨拶をすませ、ケータイを手に取り鹿島アントラーズの公式サイトを開く。結果はドロー。「引き分けかよぉ!勝てよぉ!ホームだぞ!」と心の中で叫んだ。

そしてその翌日、オンデマンドで試合を確認。失点シーンはどちらもため息が出るようなミス。もったいねぇぇぇ!勝てたろ、この試合!あと攻撃、守備にもまだ迷ってるところがちらほら見え隠れ。このままだと次の浦和戦、黄信号だ。

よかったのはジネイが結果を残してくれたこと。そして短い時間ながら献身的に動いてくれたこと。その働きにみんなが感化されていい化学反応が起きればいいなと思う。