読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

第2回リレーマラソン地球 ~地雷ではなく花をください~

雑記 ジョギング

3/22に柏の葉公園で第2回リレーマラソン地球 ~地雷ではなく花をください~に参加してきた。1組最大10人。我々は金曜フットサルのメンバー+αという構成。人数もちょうど10人。僕の相方さんも、巻き込まれた形で参戦することに。当日の天気は晴れ。風は少しあったが、日が出ており少し暑いくらいだった。
大会に参戦したチーム数は47組。募集は500組なので少しさみしい気もする。しかし、現地はそれなりに盛り上がっていた。時間まで試走したり準備運動したり。各チーム、各人ともにレース開始まで思い思いのやり方で時間をつぶしていた。

そして開始時間。このレースは3時間でどれだけ走ることが出来るかというレースだ。我々のチームは基本1週ごとにタスキを渡していって3時間走りぬこうという作戦だった。第一走者は僕だ。最初に走っておいたほうが楽かな?という理由で名乗り出た。しかし、スタートから数秒後で少し後悔することになる。スタートの合図が鳴ると同時に走り出すランナー。僕が思っていたよりもかなりのスピードだ。「これについていかないと、あっという間に最後尾になってしまう!」普段の僕だったらもっと遅いペースで走っていただろう。レースという特殊な状況下。なんとか食らいついていこうと頑張るが、息が上がり苦しさが体を襲う。こんなハイペースで走ったことはここ最近ないのだから。
一通り抜かれたあと、後ろから足音はあまり聞こえなくなった。しかし、前にはまだ人が見えている。だったら追い抜けなくとも視界から消えない範囲で走りぬこうと決めた。走って自チームの次のランナーが視界に入ったとき、なんとしてもタスキを渡そう(そして楽になろうw)と力を振り絞った。結構抜かれまくって、なかなか前方のランナーを抜くことができなかったけど無事タスキを渡せた時は、大きな達成感を味わえた。
タスキを渡した後、すぐに地面に倒れた。同チームの人が来てくれて声をかけてくれたのも嬉しかった。タイムを聞かされた時、自分が思ってたよりもいいタイムだったので、苦しい思いをした甲斐があったなぁとこれもまた嬉しかった。そのあとは同じ思いで走っているであろうチームメイトを応援した。1順して2順目。2順目となるとけっこう各チーム差がついていた。2順目は何を目標にして走ればいいのかというところもあって、難しかった。個人的には精一杯走ることだけを考えていたが、結果的には疲労もあったのとペース配分というところでタイムは1順目よりかなり落ちた(30秒くらい)。

怪我をせず、みんなで達成した今回のリレーマラソン。誘ってくれたフットサルメンバー。協力してくれた相方さんやメンバーの家族たち。関係者の方々に感謝したい。つぎやるときはもっと早く走れるように準備していこう。

https://instagram.com/p/0khIYTpcUi/
リレーマラソンのために作成していただきました!大切な宝物です!