真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

ユキグニデスロードコナン

朝から千住へ向かう。外は寒い。
これまでも寒いと感じたことはあったが、今日はその比ではない。
しかし、心の中は熱くなっていた。先週ひさしぶりに体を動かしたのが効いているのだろう。早く体を動かしたいという欲求と、何よりフットサルができるのだから。


コートにたどり着くと、既に集まっていたメンバーと雑談を交わし楽しんだ。ボールを使って軽く足慣らしをしてゲームに備える。体の調子はいい。早くゲームがしたい。

人数が揃い、ゲームが始まった。ボールは相手側から。前からプレッシャーをかけると相手は後ろに下げた。ボールは『アイツ』に渡った。アイツは長年からのライバル!自然と気持ちも高ぶる。アドレナリンも出まくっているはず。

アイツがボールをキープして、出したパスをなんとかカット。数回のパス交換ののちボールは僕に渡った。前にはアイツとキーパーのみ。

シュートフェイントでアイツに足を出させて、切り返しで華麗にかわす。
インフロントでカーブをかけたシュートは、綺麗な放物線を描いてゴールに吸い込まれ、ゴールネットを揺らした…。


ってなるはずだったんですけどね!大雪のせいでフットサルはおろか、外にもあまり出てねーっす!くそがー!!!