読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

ホーム最終戦:鹿島アントラーズ VS 清水エスパルス

ぼくにとって、この日の見所は次の5つだった。
・本山の先発出場
・ベンチに若手がたくさん!
・本職CB不在の中、出場したのは當間。
・ビッグプレーヤー・ユングベリ
・天使、変態、アレックスのビューティフォーゴール

天気もよかった。ホーム戦最終戦なのですっきり勝ちたい!そんな気持ちで臨んだこの試合は、結果的には3得点で無失点という結果で見事、鹿島アントラーズが勝利したッッ!


本山がピッチに現れると軽くなきそうになり、ボールが渡るたびにどんなプレーを魅せてくれるのかわくわくした。ファンタスティックなプレーに釘付けになっている間に時間は過ぎていく。


當間のディフェンスは青木との連携で清水のプレーを抑え続けた。個人的には及第点に達していると思う。これからも経験を積んでいってほしい。

ユングベリがどのようなプレーをするのか怖かったのだけれども、今日はあまり怖さを感じなかったなというのが本音だった。


興梠のセンタリングからフェリペが足であわせて点を取ると、変態紳士・野沢のシュートがゴールネットを揺らし、アレックスのシュートはキーパーが弾くも残った勢いでゴールに吸い込まれた。ここまで得点できた試合を久しぶりに見た気がする。というくらい爽快だった。

残り時間が少なくなってきたところで、ついにオリヴェイラが動いた。
本山、フェリペ、興梠の3人を、聖真、遠藤、イゴールに代えた。特に聖真はテクニックが野沢に負けず劣らずすごいというので楽しみにしてた。フィールドにたって、彼らは躍動していたと思う。

今年は震災の影響であまり試合を見ることができなかったけれど、来年こそは何とか頑張って試合を見に行くよ!