読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

四国へ〜1日目〜

雑記 旅行

四国への旅の動機


以前から、長期休暇が取れたら遠くへ旅行に行きたいと思っていた。遠くならどこにもいい。まだ行った事がないところに行ってみたい。そんなたわいもない動機で。旅行するとしたら、たいていはGWやシルバーウィークになるのだけれど、GWは別の予定が入っていたため旅行する事はなかった。夏休みはお盆休みになると思われていたので、まあ親戚周りに挨拶に行って、残った数日は適当にぶらぶらすることになるというのが例年の過ごし方だった。


しかし、思いもよらないところでチャンスがやってきた。幸か不幸か、震災の影響で夏休みが約1週間前倒しになったのだ。おかげでお盆休みというものは無くなってしまったけれど、旅行を実行するチャンスだなと。

そんなわけで、今年の夏休みは遠くに旅行する事に決めた。


四国を選んだ理由は、「まだ行った事がない地方」だということと、なんとなく「神秘的な感じがする」という2点(笑)とくに後者は「なにそれ?」と言われてしまう理由だけど、小説とかで出てくる四国はそんなイメージが強かった。あ、あと村上春樹の「海辺のカフカ」の主人公も四国に行ってたし。(←後付けw)


ほかにも動機というか、いったら食べてみたい「讃岐うどん」の存在も小さくなかった。讃岐うどんを出してくれるお店も関東にはあるけれど、本場のうどんが食べてみたかった。知人もいたりするので、時間が合えば遊べるかな?なんていう理由もあったりで四国に行く事を決めた。


移動手段と拠点はどうするか


四国にいくことは決めたものの、現地までの移動手段と、現地についてからの移動手段については結構迷った。まずは現地までの移動手段。おおよそ自分の中では決まってた。


・車
・高速バス
・飛行機


車だと、自分の好きなタイミングで移動できるのが一番のメリット。ただ、渋滞に捕まったらひたすらつまらないだろうし、精神的にきついだろうなというのがあった。また、ガソリン代や高速代を考えると、高くつくんじゃないか?ということで却下になった。
飛行機。お金はかかるだろうけど、時間はかからない飛行機。ただ、飛行機の乗り方よくわかってないという残念すぎる理由で却下。(orz)
高速バスは移動時間は長いけど、片道1万切っている。(往復券の割引が効いてる)お金をあまり使いたくなかった自分に取ってこれが一番魅力的だったため、現地までの移動手段は高速バスに決めた。


現地での移動手段は、最初は電車とバスを乗り継いで移動しようと思っていたけれど、電車の本数がよくわかっていないことと、バスをどう乗り継いだらどこに行けるのかという下調べが面倒だったため、レンタカーに決めた。ナビがあればよほどの事がない限り、道に迷う事もないし。
余談だけど、この機会に大きめの車に乗ってみようか迷ったけど、旅先で事故ったりするのは嫌だったので、今乗ってる車種と同等か、それ以下のものにした。その結果、渡された車はマツダのデミオ。乗り馴れてくると最初感じていたパワー不足感が気にならなくなった。


拠点とするホテルは、讃岐うどんが食べられるところ(ちかくにあるところ)がいいかなということで、高松にした。当初は、3泊するし、ホテルを渡り歩いた方がいいかなと思ったけれど、連泊すると割引されるとのことだったので、結局ひとつにした。車があればどこにでもいけるし、さほど困らないだろうとも思った。どうせなら温泉にも入りたいなということで、温泉があるホテルに決めた。


そして高松へ


8月1日の夜、東京駅から高松駅に向かう高速バスに乗った。サラリーマン風の男の人や、TDL帰りの学生集団。家族旅行…etcといった、バラエティに富んだ人たちがいた。バス内は思ってたよりも広く、学生さんたちは遊び疲れたせいか口数も少なかったし、周りの人たちもすぐ眠りについていたみたい。おかげでとても静かだった。とくにやることがなくなったので、鞄に忍ばせておいた「海辺のカフカ」を読み始めた。
すると、すぐ眠くなってしまったので読むのをやめた(爆)
その後、誰かのいびきで起きてしまったり、車内で地震速報のアラームが鳴り響いたりして、(ちょうどこの頃、まさに静岡の駿河湾沿いを走っていた。バスがごとごと揺れていた事もあって全く気づかなかったけれど)なかなか寝付けなかった。休憩は、足柄と室津でそれぞれ10分ずつ。足柄では空腹をみたすため、パンとフィッシュバーガーを、飲み物はコーヒーを買った。封を切ったとき、車内がフィッシュバーガー臭が漂った。恥ずかしかったのは言うまでもない。後から気づいたけど、眠れなかったのはこのコーヒーが効いていたのかもしれない。チョイスミス!


カーテンが閉め切られていたため、外の景色は全く見えずちょっと残念。たまにどこらへんを走っているのか調べるために、googleマップを開いてみてた。気がつけばいつのまにか四国に足を踏み入れていたりと、大きな渋滞に巻き込まれたりすることなく順調にすすんでいたようだった。
そして無事、約7時に高松に到着したのである。


ドライブ!そして旅館へ


レンタカーの店がはじまるのは8時。それまでの約1時間はどうしようか迷った。朝とはいえ日差しが強く、暑く感じた。とりあえずレンタカーの店の位置を確認するついでに、駅周辺を散歩してみる事にした。そんでカフェなんか見つけたら、そこで時間つぶそうということで。結果的に言うと、開店しているカフェは無かったorz。時間も時間だし、当たり前っちゃ当たり前か。というわけで、高松駅にもどってきた。バスから降りた当初は気づかなかったけれど、駅近くのミスドが開いていたので、ドーナツと飲み物のセットを頼んだ。なんかフレンチ的なドーナツとオレンジジュース。海辺のカフカを読みながら時間をつぶした。
トイレに行きたくなったんだけど、どうやらこのミスドにはトイレが無かった。なので仕方なく店を出て、駅のトイレに。するとロッテリアが開店していたのでロッテリアでジンジャエールとなんか小さいチーズのパン(名前忘れた)を注文した。例によって海辺のカフカを読んでいると、8時5分前になっていた。
パンを食べ、ジンジャエールを飲み干すと、レンタカーの店へ。


受付をすませると、渡された車は前述の通りデミオ。受付時の「事故の大小関わらず、傷がついた場合は警察と店に連絡してください」という言葉が、脳みそに刻み付けられた。変な事故はしないぞ!と強く決心。
店員さんが車を持ってきてくれると、「ここは駐車禁止エリアなので、申し訳ありませんがすぐ出てくださいね」と一言。ナビの設定してたら駄目?と変なプレッシャーがかかり、否応無く車を発進させた。まぁ、流れに身を任せて走ってればコンビニくらいあるだろうから、そこでナビを設定しよう。そんな甘い考えで運転してたらサンポートについた。どういうところか知らなかったし、引き返そうと思ったけれど、Uターンできるところもない。仕方なく駐車場に車を止めて、ナビの設定をした。行き先は「鳴門海峡」当初は愛媛に向かいたかったけれど(理由は無い)、位置的にちょうどいいのは徳島辺りかなと思い、バスの中ではカーテンのせいで見れなかった鳴門海峡をみるためである。


駅近くは道路も広く、走りやすかった。駅から離れるにつれ、アップダウンが現れるようになり、山を走っていたかと思うと海沿いを走ってた。その景色のかわっていく様が面白かった。途中、道の駅によって休憩。時間は余っていたからのんびりと。鳴門海峡への道は勾配がすごかった。カーブも急なところがあり、慎重に運転してた。鳴門公園の駐車場は、後少しで満車というところで、運良くすぐに駐車する事ができた。私が帰ってきたころには、駐車場が満車となっており、4、5台くらいの列が空くのを待っていた。


「エディ 大鳴門橋架橋記念館」と「渦の道」のセットチケットが売られていたので、それを購入。鳴門の大渦の仕組みとか、軽く見ながら記念館を移動し、屋上から写真を撮って渦の道へ。渦の道でも写真を撮って、海を眺めた。海も山もきれいだったし、自然って良いなということをしみじみと感じた。客は小学生〜中学生が多かったように見受けられた。観光客とみられる家族連れも多かった。言葉からすると、おそらく関西圏内かなと。ちょっぴりアウェイ感があったw


一通り見終わった頃、空腹を感じ始めていたので「讃岐うどん」を食べようと車を走らせた。山道を乗り越えて、大通りに出る頃に空腹感がMAXに。そして、わずかながらに眠気も感じ始めていた。徐々に強くなる眠気。これはまずい、これはまずい。と病気のようにぶつぶつつぶやき始めた俺。気がつくと止まっていた前の車(爆)急いでブレーキを踏んで眠気は一瞬で消えた…。適当な店があれば休憩しようと思っていただけに焦った。片道に寄せてでも休んだ方がよかったなと反省した。


やがて見えてきた讃岐うどんの字。駐車場も広く、車も出やすいところだった。讃岐うどんは、腰が強くてつゆもサッパリしてて食べごたえが抜群で美味しかった。値段も高くなかったし、「これは癖になる」と勝手に思った。空腹感がなくなったところでホテルに向かって出発。ホテルが提携している駐車場が、けっこう入り組んでたところにあってわかりづらかったけど、無事に到着。チェックインまでは時間が10分くらいあったので、近くのベンチに座って時間をつぶす。街並はきれいで、人もいっぱいいた。こういうところいいなーと思ったし、来てよかったと思った。


チェックインをすませて、荷物を部屋に。眠気もまた出てきたし、おもいっきり昼寝した。起きたときは夕方になっていた。このまま部屋にいるのもなんだし、のども乾いたので買い物がてら散策にでかけた。ホテルの近くは店がいっぱいあったけれど、コンビニは見当たらなかった。googleマップをひらいてみると、近くのコンビニまでは約200mほどだった。そういえば…と、四国に上陸してからセブンイレブンを目にしてないことに気がついた。ファミリーマート、ローソン、サークルKサンクスは結構な頻度で目にしてたけど、セブンイレブンだけは1度も見ていない。まぁ、自分が行ったところなんて四国の一部にすぎないしこういうこともあるんだなという感じ。コンビニではジュースとゼリー、デザートを購入。買ったものを部屋に置くと、夕飯を食べに再び外に。ちかくにある「はなまるうどん」で、温玉ぶっかけうどん(冷)と鶏丼のセットを注文して食べた。美味しくて安くて癖になりそうw


その後は部屋にもどって今に至る。これからホテル内の温泉にはいって、明日に備えてゆっくり休む。
明日は前述した友達と合流し、いろいろなところにつれてってもらう予定。楽しみだー!