真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

天皇杯準決勝 鹿島アントラーズ vs FC東京

延長後半の最後の最後で、興梠の逆転ゴールで見事決勝進出。
本当にうれしかった。涙が出た。

それだけ、本当に苦しい戦いだったと思う。
前半に平山のボレーシュートで先制されてから、攻めるもののシュートが決まらない。後半に入って大迫が同点ゴールを決めて、流れは鹿島に傾くも、東京もねばる。逆に危ない場面を何度も作られた。

そんな中の延長戦。
俺たちはただただ、全力で声を出して選手を応援した。それだけしかできないし。
審判の判定が微妙なときが多かった。副審も微妙だった。すべてが敵に見えた。


PKか。


覚悟した。そんな中での逆転ゴール。
目を大きく見開き、鹿友をはじめ、周りの人とハイタッチをした。


次は元旦。相手は清水エスパルス
中2日と日程が厳しいけれど、鹿島アントラーズを信じて、選手たちを後押ししよう。天皇杯優勝とACLを勝ち取るために。