真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

日本、パラグアイに敗れる!

PKで負けてしまったけれど、日本はよくやったと思う。
パラグアイの猛攻で、危ないときがいくつもあった。川島だったり中澤だったり長友だったり…。
彼らが体を張ったディフェンスで、ゴールを死守してくれた。
日本もパラグアイほどではないにせよ、決定機をいくつか演出した。しかし残念ながらゴールを奪うことはならなかった。


正直、ワールドカップが始まる直前まで、この岡田JAPANに魅力を感じていなかった。岡田監督がどういうサッカーがしたいのかがまったくわからなかったし、自分が好きな選手はあまりいないし、メンバーも固定されていたし…。
だけどグループリーグで日本を見ているうちに、最初は奇策と思われた本田のワントップでカメルーン、デンマークを撃破。
いつの間にか岡田JAPANを本気で応援していた。


勝負はPKで負けてしまったし、正直、なぜここで駒野なんだろうという思いはあった。
もっと他に選手はいるだろうと。
だけど外してしまった駒野は責められないでしょう。
駒野だって外したくて外したわけじゃないし、「敗北」が決まった瞬間に泣いている駒野。
責められない。一番悔しいのは、間違いなく駒野自身だ。
その他泣いている代表の選手を見て、本気で上を狙っていたんだなというのが伝わってきた。
これなら次回のワールドカップも期待できるんじゃないかと勝手に思ってる。