真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

J1王者 VS 天皇杯王者

フットサルが中止になって、天気が悪いので何もやることがなくなったおかげで(?)ゼロックスカップをテレビで観た。
J1王者の鹿島アントラーズと、天皇杯王者のガンバ大阪との戦い。

お互いのサッカーはこんな感じかな。
鹿島はボールを回して穴を探し、穴ができたところに鋭いボールを送るサッカー
ガンバは早いパス回しでどんどん前に出てくる、攻撃的なサッカー。


自分のサッカーをどちらが出していたかといった面では、ガンバの方が出してたかなと思った。


結果的にはPKで勝利したけど、流れの中で得点できなかった鹿島と、流れの中で得点したガンバ。
自分たちのサッカーを出してたといった意味でも、今回の試合はガンバのほうが内容がよかったと見てる。
野沢、マルキーニョスとチャンスはいっぱいあったけど、相手のGKやDFに阻まれたり、うまくボールコントロールができなかったりしてた。
ま、それはお互い様なんだけどね。


今日のゲームで新加入したフェリペ・ガブリエルの動きをはじめて見たけど、彼の運動量はかなり豊富で、これからの活躍が楽しみ。守備に攻撃に貢献してた。あとはそのフェリペと交代した遠藤康も、数々のチャンスを演出した。
あとはイ・ジョンスと岩政のDF陣の高さ。すごい安定感。
イ・ジョンスとのコミュニケーションがまだとれていない印象を受けたけど、フィードも正確だったしこれは今季が楽しみだ。

とりあえず、まずは1冠!
今年はJ1&アジアを獲りにいく!