読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

パラノーマル・アクティビティを見てきた

予算約135万円で製作されたことで話題になっている映画、『パラノーマル・アクティビティ』を見てきました。残念ながら一緒に見てくれる人がいなかったため、一人ですw


※ネタバレしないで、感想を述べるということが非常に難しい…。
とりあえず、この映画を見て思ったことは、余計な演出が無いだけ怖さを実感できる。
この映画、登場人物が少ない。出てくる役者はわずか3人。
それだけで映画ができてしまうということに、まず驚いた。


ホラー映画でありがちなのは、「カメラワークが切り替わったときに得体の知れない何かが写る」とか、「突然大きな音がなる」とか挙げられると思う。
今回の映画は、確かにそういった要素はあったけれど、主人公たちの気持ちに共感することで恐怖を体験できるようなつくりになっている。


ある場面では、これはもう絶望せずにはいられない状況になるし、最後なんかもう衝撃的です。


続編はあると思う。(パンフレットにも続編ができたら〜と書いてあったので、可能性は0じゃない。)
作られたとすれば、早い段階で見に行きたいです。


調べたところ、もう少しで上映が終わってしまうみたいなので、見たい人は見れるうちに見たほうがいいかなと思います!