真・こーへーの一蹴入魂

こーへーの生き様を記録していくだけのブログです。

絶対に勝たねばならない試合に負けた一戦

J1 第30節 浦和レッズ vs 鹿島アントラーズ

ルヴァンを逃し、鹿島が獲得できる可能性のあるタイトルはリーグ、ACL天皇杯の3つになった。とはいえ、リーグのタイトルを取るためには首位である川崎フロンターレとの勝ち点差11をひっくり返さなければならない。
鹿島は負けはおろか、引き分けさえも許されない。そして川崎が1回でも勝てば鹿島の優勝は消える。

そんな状況下の中、鹿島は浦和レッズに負けた。3-1と完敗だ。
そして鹿島のリーグ優勝の可能性は潰えた。

敗因は細かいミス。守備の連携に問題があった。俺が思っていたよりも、三竿健斗やレオシルバに頼っていた部分は大きかったようだ。

そして、決定機を決めきれない勝負弱さ。
またしても、鹿島の悪い部分が出てしまったように見える。

西大伍のボレーは見事だった。しかし、良かったシーンはそれくらいだろう。岩波のヘッド、武藤の2ゴール。見ていて腹が立った。
簡単にゴールを許してるんじゃないよ。と。
2点目は小笠原が止めなきゃいけないところだった。あれで完全に浦和は息を吹き返したように見える。
鹿島は攻めるには攻めたがゴール前での迫力がイマイチだ。これなら鈴木優磨を先発で出すべきだったのでは。
色々と、課題の残る一戦だった。ルヴァンで敗退して、選手たちは何を思ったのか。もう一度思い直してもらいたい。
残ったタイトルを必ず獲るために。

ルヴァンカップ2nd leg 横浜F・マリノス VS 鹿島アントラーズ

一言でいうと、すごい試合だった。
攻撃の展開は早く、球際のせめぎ合いや体のぶつかり合いが激しい。
お互いの意地を賭けた試合。その気持ちがはっきりと見える試合。
そして決勝へ駒を進めたのは、横浜F・マリノスだった。

ホームで2点を失い、1-2で終わった1st leg。2nd legでは2得点以上を奪って勝利をしないと決勝へは進めない。
鹿島は攻めないといけない。おそらく守備はボランチとCBに任せて、その他は攻撃に重みを置いた戦略だったんだろうと思う。
しかし、思いとは裏腹に、鹿島は前半だけで2失点してしまった。
この時、自分が思ったのは「サポーターの声が小さくなってしまうのではないか」、「選手たちの心は折れていないか」だった。
そんな思いは杞憂で終わった。
ここからの鹿島はすごかった。

後半開始から永木に変えてセルジーニョ
後半16分くらいに山口一真
鹿島は失点を恐れることなく、攻めに攻めた。2点をリードしているマリノスを追い詰める。
そして相手の不用意なバックパスを土居聖真がカットして、待望の1点目を奪う。
「俺たちはここで負けるわけにはいかない」
そしてその8分後には山口⇒安西のスルーパス。それを受け取った安西がゴール前にクロスを上げると、セルジーニョが素晴らしいヘッドで2点目を奪う。
だけど、ここからの1点が遠かった。
鹿島も横浜もボールを奪えばゴールへ向かって、点を奪いに仕掛ける。
とどめを刺したい横浜。勝利を手繰り寄せたい鹿島。


諦めることなく攻め続けた鹿島だったが、無情にも試合終了のホイッスルが響き渡る。
鹿島のルヴァンは終わった。



この結果を見れば、「ホームで勝っていれば」とか、「またタイトルを獲れなかった」とか思う人は少なくないかもしれない。
そしてそのことは、間違いじゃないし、本当のことだ。鹿島がホームで勝っていれば決勝へ進めたし、決勝へ駒を進めれば、あと1歩でタイトルに手が届く。
タイトルを獲れなかったことで、選手や監督を批判したくなる人もいるかもしれない。


だけど、この試合を通して鹿島の選手たちの姿勢を見た俺は選手・監督・クラブを批判する気にはなれない。
勝利を信じて戦い続けた選手たちを批判できない。
弱気にならず、攻めのカードを出した監督を批判できない。

ルヴァンは終わってしまった。
だけどまだACL天皇杯。厳しいけどリーグもある。
ACL天皇杯、リーグで勝利を積み重ねよう。
勝利にこだわり続けよう。
ルヴァン敗退を無駄にしてはいけない。

【J1】第11節を終えて【鹿島アントラーズ】

ここまでのリーグ戦での戦いを振り返る

VS 清水エスパルス(A) 0-0 引き分け (DAZN観戦)
VS ガンバ大阪(H) 1-0 勝利 (現地観戦)
VS サンフレッチェ広島(H) 0-1 敗北 (現地観戦)
VS サガン鳥栖(A) 0-1 勝利 (DAZN観戦)
VS 北海道コンサドーレ札幌(H) 0-0 引き分け (現地観戦)
VS 湘南ベルマーレ(A) 2-1 敗北 (DAZN観戦)
VS FC東京(A) 2-1 敗北 (DAZN観戦)
VS 名古屋グランパス(H) 2-0 勝利 (現地観戦)
VS 川崎フロンターレ(A) 4-1 敗北 (DAZN観戦)
VS ヴィッセル神戸(H) 1-1 引き分け (DAZN観戦)
VS 横浜Fマリノス(A) 3-0 敗北 (DAZN観戦)

ホーム戦 :5試合中 2勝1敗2分 勝率40%
アウェイ線:6試合中 1勝4敗1分 勝率17%

数字にすると悲しくなってくる

これだけは言いたい

前にいる選手たちはよくやっている。現状を打開しようと動いている。走っている。サボったりは決してしていない。それは見ていればよく分かる。中盤に位置している選手たちもよくやっている。敵にボールが渡れば鬼の形相でボールを刈り取りにいく。
得点が取れないことにフォーカスが当たりがちだが、根本的な問題はDFにあると思う。誤解しないで欲しいのは、能力が足りないとかそういうことを言っているのではないということ。言いたいのは選手間のコミュニケーションに問題があるんじゃないかということ。誰が相手に当たりに行くのか。ボールを取りに行くのか、それとも持たせるのか。我慢するのか、取りに行くのか。繋ぐのか、クリアするのか。などなど。
ここ最近、守備に回ったときの中途半端なプレーが目立つ。あとは集中力を欠いたプレー。それで失点につながってしまうのだから目も当てられない。能力があるのに活かしきれてない
怪我人が戻ればアントラーズはもしかしたらある程度勝てるようになるのかもしれないが、根本的な問題を克服しないと勝ち続けることは絶対に不可能
あとはシュートの精度か。中途半端なチーム練習をやるくらいだったら、実戦形式でシュート練習を徹底したほうがいいような気がしている。次は5/2の長崎戦だ。時間は無い。チームの連携だってこの短期間に良くなるとも思えない。だったら個々のシュートの質を上げるべきだと思う。少なくとも俺だったらそうする。あとはフリーキックやコーナーのセットプレーの練習の質を上げるべき。ここ数年ずっと思っていた。セットプレーに得点の気配がしないと。これはアントラーズにとって重症だろう。それがなぜ放置されているのか理解に苦しむ。得点のチャンスに得点が取れたからアントラーズは強かったんだ。あらゆるピンチになりうる場面をことごとく潰してきたからアントラーズは強かったんだ。今のスタッフはそんなアントラーズを体現してきたはずだ。なのになぜそれがわからない?
俺達はある程度勝ちたいんじゃない。タイトルを獲りたいんだよ!

日記を書くって

なかなか難しいな。
毎日なにか新しいことを見つけながら生活しないと、継続できないし、書こうとも思わない。

逆に言うと、新しいことを何か見つけさえすればかけるということか。

そのへん意識してみようかな。

【フットサル】華麗なるトラップからのシュート【記憶改竄】

まずはこれを見てほしい

4/20 フットサルのできごと。
これはそのフットサル最後のゲーム。

【エンジョイフットサル】UP主がくるって記憶を改ざんしたようです【おまけ】 - YouTube

記憶の改竄とその真相

味方からのパスを体の後ろを通してトラップして、キーパーと1対1に。
シュートまで持ち込むことはできたが、キーパー正面で止められてしまった。
その後、味方からのサイドチェンジをうまくトラップして、シュートこれは決まった。
どちらも同じような位置だったので、うまく組み合わせてできたのが先程の動画だ。

【レビュー】ニッケル水素充電池の充電器を購入

https://www.instagram.com/p/BhwIVhVhb5n/
ニッケル水素充電池が充電できるやつ買いました。電池もついてるのは嬉しいですが…。箱の文字の適当具合を見て不安になりました。

充電中はカチカチ音が鳴る

あまり気にしてもしょうがないんだけど、充電中はカチカチ音が鳴っている。
部屋が静かだと結構気になるかもしれない。
放置してたら火事になったりしないよな…。と余計な心配も…。

【鹿島アントラーズvs水原三星】ACLグループリーグ最終節は

くそったれ!!

勝てなかったのは残念で、悔しいけどもっと残念なのはゴール裏の自称サポーターだよ。
試合後の汚えヤジはなんだ。あれが選手の力になると思ってんの?ホントくそったれだな。